本文へスキップ

静岡の介護・みなサポ | 地域介護力・日本一都市(静岡市) 静岡・介護文化を育てる会 -オフィシャルサイト-

ツイート

民法の限界を超える最新の対策「家族信託」

家族信託とは「家族の家族による家族のための信託(財産管理)」です。
資産を、老後の生活・介護等に必要な資金の管理などを信頼できる家族に託して、管理・処分を任せる仕組みです。
家族・親族に管理を託すので、誰にでも気軽に利用できます。
この家族信託は、
NHKクローズアップ現代「家族で解決!最新対策」で放映され、注目を集めています。





 委任契約・成年後見制度・遺言をすべての機能を一つの契約書をもって一本化ができます




 こんな場合に有効

◎世代を超えて財産を承継させたい
 不可能だった二次相続以降の財産の承継先も指定。

◎家の建替えなど認知症で頓挫させない
 認知症などの判断能力低下により、財産管理や処分が
 できなくなることを回避できます。
◎親亡き後の障がいを持つ子に安心な暮らしを
 障害を持つ子がいて、将来その子に相続した後の財産管理を委託できます。
◎遺言書を書きたがらない人の場合
 死を前提とする遺言とは異なり、家族信託は「生前のいざという時」に備えるものです。
◎相続により、妻(配偶者)が住む家を手放すことを防ぎたい
◎経営権を離さないで後継者に自社株譲渡
◎不動産などの共有財産を持っている場合
◎ペットの行く末が心配な場合
・・・・・・・・・・・・・等など、

家族信託は、民法の限界をらくらく超えることができます。

もう少し、詳しく知りたい方。

以下、ご協力者よりご提供いただいた家族信託の資料です。参照ください!
マンガでわかる家族信託(4.2mb) 資料提供/田嶋・さくら司法書士事務所:坪内志のぶ司法書士
家族信託のご案内(3.8mb)・お申込みの手引き(3.4mb)・常況ヒアリングシート(0.6mb) 
                               資料提供/相続指南処:石川秀樹行政書士事務所