本文へスキップ

静岡の介護・みなサポ | 地域介護力・日本一都市(静岡市) 静岡・介護文化を育てる会 -オフィシャルサイト-

ツイート

【見学リポート】(地域密着型)介護付有料老人ホーム まはえ

先日、地域密着型有料老人ホームの取材の際にご協力いただいた
「有限会社まはえ」の介護付有料老人ホームまはえの橋本施設長からお話しをお聞かせいただきました。
その時のお話しの内容を中心にご紹介します。




 まずは、まはえという名称は聞きなれない言葉ですが、
   どのような意味があるのですか?

 「まはえ」は、漢字で書くと「真南風」となります。
   これは沖縄の方言で「真南から吹く風」という意味です。
   南から吹く温かい風を「利用者様に感じて欲しい」という思いから
   名付けられたと聞いています。

 この施設の特徴をお聞かせください。
 1つ目は、地域密着型特定施設入居者生活介護サービスを提供している施設だという点です。
    有料老人ホームとしては、定員上限が29名と小規模になっています。
    そのため少人数による「きめの細かいサービス」が提供できます。
    2つ目は、目の前に「まはえクリニック」があるという点です。
    循環器、糖尿病などを専門とした内科クリニックで、まはえの協力医療機関として、
    入居者様の健康管理を担っています。
    月に1~2回のクリニックへの通院介助は当社スタッフが行い、もちろん無料です。
    (クリニック以外へは有料)クリニックから処方されたお薬は、併設施設である
    調剤薬局で受け取ることができます。
    また、8:00~17:30は看護師が常駐し、お薬の管理、病状の経過観察を行いながら
    クリニックの医師と連携を取っています。
    経過栄養、インスリン注射が必要など、医療的管理が必要な方でも入居が可能です
    3つ目は、施設の立地条件があげられます。
    静岡駅前より、バスで20分足らずの距離にあります。
    ご家族や知り合いがお見えにいただくときに便利です。
    また、バスの経路上には「静岡市立病院」があり、また「静岡厚生病院」を利用もしやすいのも利点です。

 この施設に入ったときに感じたのですが、他の施設に比べて天井も低く、
   色合いも落ち着いた茶系で統一されているようですが、
    これには何か意味があるのですか?

 この施設は、全てにおいてご自宅と変わらない生活ができるように、建物の構造や色合いも
   こだわっています。
   極力、病院や老人ホームといったイメージを無くすように配慮されています。
   利用者様には、新しい「終いの住まい」として、
   心穏やかにそして笑顔で過ごして欲しい」と思っています。

 なるほど、建物の色や構造で随分と雰囲気も落ち着いた感じになるのですね。
   では、今度は介護という面からお話しを聞かせてください。

 私たちは「出逢いに感謝」を念頭におき、入居者様・ご家族との連携を大切にしています。
   入居者様は、私たちの大切な家族として接しています。
   入居者様の気持ちを第一に考えた対応や、心の通う介護を心がけています。
   穏やかに、楽しい時間を過ごして頂きたい」そのためにもスタッフみんなが明るく、
   楽しく仕事ができるように職場環境にも細かい配慮をしています。

 確かにお話し中も笑顔を絶やさずお答えいただいていることでも、普段からの接し方が解るような気がします。
   今度は、レクリエーションやイベントなどをお聞かせください。

 毎日午後3時からレクリエーションを各階ごとで行なっています。
   これからは好きなものを選んで頂けるような形「選べるレク」に変えていくような方向で進めて
   います。
   好きなことをやることが、楽しくそして笑顔になる、そしてそれは身体だけではなく、心の健康
   にも繋がると思います。
また、月に一回程度、外出や外食に行きます。
お花見や買い物、回転寿司やおそば屋さんに行くこともあります。
すべての方が参加できるわけではないのですが、入居者様はとても楽しみにしています。
3階のテラスからは安倍川花火を観ることができます。その日はご家族も一緒に楽しまれています。




 最後にリハビリに関することをお聞かせください。
 デイサービスが併設されていますので、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)の専門家のアドバイスを元に、無理
   のない形でのリハビリを行なっています。
   また日常の生活の中で、できることはご自分でやっていただくことを心がけています。
   何でもやってあげるのではなく、たとえそれが時間がかかることでも、ご自身の「自分でやってみよう」という気持ちを見守っていきた
   いと思っています。

とても丁寧にお答えいただき、有難うございました。
橋本施設長の利用者様への熱い思いと優しさを感じることができた取材となりました。
取材中は終始人懐こい笑顔を見せてくれました。
時折、真剣な表情で利用者様への接し方やこれからの進むべき方向性を話されていたのが印象的でした


事業所のご紹介
介護付有料老人ホームまはえは、静岡市葵区山崎に本社がある「有限会社まはえ」が運営する施設のひとつです。
代表取締役 社長の横山源太氏は、人が繋がる幸せを大切にしています。
ユニフォームには「出逢いに感謝」という文字が書かれており、スタッフにも感謝の気持ちで接することを伝えています。
社長のお父様は医師、お母さんは看護師、お兄様は医師という、医療とは深い関係の中、介護という道を選ばれたようです。
本社社屋には、有料老人ホーム・デイサービス・居宅介護支援事業所・人材教育事業部・まはえ倶楽部
その他、本社前には、訪問介護リハビリステーション、葵区慈悲尾にショートステイまはえ、葵区瀬名中央にサービス付き高齢者向け住宅「まはえ瀬名花壇」、小規模多機能型居宅介護、訪問介護。近くには「入浴・リハビリデイサービス(短時間デイ)」と多角的に運営されています。
  
入居時の費用  
入居一時金 0円 
敷金 160,000円~180,000円 
 月額利用料  
家賃 北側居室/80,000円 南側・西側居室/90,000円
管理費(水道光熱費、手厚い介護体制に係る人件費など) 65,150円 
食費(30日計算) 39,960円(税抜)
月額利用料合計 北側居室/185,110円 西側居室/195,110円
介護保険自己負担(1ヶ月あたり)  
  1割負担 2割負担
要介護 1 18,035円 36,069円
要介護 2 20,127円 40,253円
要介護 3 22,382円 44,763円
要介護 4 24,474円 48,947円
要介護 5 26,697円 53,394円

 ※敷金は、退去時に居室の修繕が必要な場合、敷金からその費用を差し引き、残金をお返し致します。
 ※経管栄養の方は、食費の代わりに『経管栄養管理料』285円(税抜)/食がかかります
 ※その他の費用として、介護保険自己負担額・医療費・おむつ代・理美容代・洗濯代などが
  自己負担となります。
 ※リクライニング車イス・エアマットなどの利用希望はご相談ください。
  少ない負担でレンタルできます。ご相談ください。






  

 月々にかかる費用



  
その他の費用(2016.1実績:医療費含む)  
一番少ない方 一番多い方 平均
1,000円 33,000円 18,800円


 個人差があります。
 あくまで参考としてお考えください。



 ご案内
名称/介護付有料老人ホームまはえ
住所/〒421-1213 静岡市葵区山崎2丁目2-8
電話/TEL.054-207-8961
   対応時間:8:30~17:30(土・日・祝日及び弊社休業日を除く)

料金表・入居までのご案内・医療ケアの必要なご利用者様受け入れ目安(PDF)